スナックの営業許可・届出

 

熊本にはたくさんのスナックがありますが、スナックの営業をするには 法律で定められた手続きを経なければなりません。

 

 

スナックは、大雑把に言えば、カウンターやボックス席のお客さんにお酒・アルコール類や軽食を出すお店です。
このように、飲み物・食べ物を作ってお客さんに提供するお店(飲食店)を営業する場合には、食品衛生法上の営業許可を取得しなければなりません。
したがって、スナックを営業するには、まず、食品衛生法上の営業許可(飲食店営業許可)が必要になります。

 

 

次に、そのスナックが、ママや従業員がお客さんの横でお酌をしたり、一緒にカラオケを歌ったりするようなお店の場合、風営法上の風俗営業に該当します。
これは、ママや従業員がお客さんの横に同席してお酌をしたり、一緒にカラオケを歌う行為が、風営法上の接待営業にあたるためです。
このような風営法上の接待を行うお店を営業するには、風俗営業許可(2号許可)を取得しなければなりません。
他方、スナックを名乗っていても、お客さんへの接待を行わないお店の場合は、風俗営業許可(2号許可)は必要ありません。
お酒や料理を作ってお客さんに運ぶだけであれば風営法上の接待営業にはあたりません。
したがって、風俗営業許可(2号許可)は必要ありません。

 

 

なお、午前0時以降の時間帯も営業するお店は、深夜酒類提供飲食店営業届出という、風俗営業許可とは別の手続きが必要になります。
これは、深夜に主としてお酒を出すお店に義務付けられている手続きです。
深夜酒類提供飲食店営業届出をしていないお店は、原則として午前0時以降の時間帯に営業を行うことはできません。

− 熊本市、スナックの開店開業オープン

風俗営業許可|熊本市 中央区東区西区北区南区

スナックとは

 

一般にスナックとは、ママがカウンター越しにお酒を出すような形態のお店を指します。
お店の責任者は女性の場合が多く、その場合、責任者の女性がママと呼ばれます。

 

 

スナックという名称は、お酒のほかに軽食(スナック?)を出すバーというところに由来していると言われています。
スナックという呼び方で呼ばれるだけでなく、スナックバーと呼ばれることもあるようです。

− 熊本市、スナックの開店開業オープン

熊本市のスナック分布

 

熊本市内にはたくさんのスナックがあります。
2015年現在、タウンページに載っているだけでも700店を超えるスナックがあります。
中でも中央区は、上通・下通・新市街周辺という熊本一の繁華街を抱えており、スナックの数は500店を優に超えます。
そして、その大半が下通から花畑町一帯にあります。
中央区以外では、健軍商店街を抱える東区が続きます。
健軍商店街周辺に50店ほどのスナックがあります。
中央区、東区以外の地域では、北区に60店ほどのスナックがあります。
西区と南区はスナックが少ない地域のようです。

− 熊本市、スナック開店開業オープン

営業許可などのご依頼・ご相談は

 

スナックなどのお店の営業許可・届出手続代行なら、
法務堂事務所(ほうむどう) へどうぞ。

 

法務堂事務所は、熊本市中央区の行政書士事務所です。
ご依頼・ご相談は お気軽にどうぞ!

続きは こちらで

スナック開業・開店・オープン|熊本市 中央区東区西区北区南区